よくある質問

parents

保護者の皆様のよくある質問にお答えしていきます。

ここに書いてあることが必ずしも正解ではないこともあるかもしれませんが、「主役は子供である」ということを念頭に置きながら、クラブと保護者間で良い関係を構築していければと考えています。

 

 

試合に出れる・出れないもありますし、チームが勝ったか負けたか、本人が思ったようなプレーが出来たかなど、試合を終えた後の感じ方は、選手もその保護者もそれぞれだと思います。

 

楽しくなさそうだったり疲れているときは、「おつかれさま」といった簡単な声かけだけでよいと思います。表情が明るくなったタイミングをみて、「今日はどうだった?」と聞いてみて、表情や最初に発する言葉を待つとよいでしょう。

 

心の内にある不安やイライラ、苦悩や怒り等の感情を吐露することによって、心を浄化し、やすらぎと癒しを得る効果があります。これを「カタルシス効果」といいます。

お子様が自ら話をすることがあったら、話を聞いて受け止めてあげてください。

 

Category: メンタル

 

緊張は、本人が真剣に考えている証であり、本気になっている証拠です。緊張感をもって試合をすることは、成長する絶好のチャンスです。

 

「試合は緊張しないと意味がないよね」

「緊張するからいいんだよ」

 

と声をかけてあげてください。

 

また、「緊張するからイヤ」と発することでストレスを発散しているだけのことも多いので、子供の表情を見ながら、対応してあげてください。明るい表情で言っている場合は、見守ってあげるだけでよいでしょう。

 

 

Category: メンタル

 

ネガティブな心境の時に、無理な目標設定に導くのは逆効果になることが多いですよね。

そういった場合、少し頑張れば実現可能な目標を設定し、出来たときは「OK」といって褒めてあげるとよいそうです。

この目標設定のラインを「OKライン」というそうですが、「OKライン」を実現可能なところまで下げることで、自分自身を肯定し、良いメンタル状況を作ることが出来ます。

ただ、狙いはその先にあるので、「出来たら次にどこまでやってみよう」というように、先を見ることが大切です。

「まずはここまで。できたら次はここまで。」

という目標にすることで、次を見据えていくことを試してみてください。

 

Category: メンタル

 

直前なら、吸収が早いエネルギーゼリーやブドウ糖が入ったエネルギータブレットなどが良いでしょう。また、試合前だけでなく、試合間の追加補給にも最適です。

Category: 食事・栄養

 

お気遣い頂き、ありがとうございます。

 

本当はなんでも有り難いのですが、成長期の彼らの栄養面・体調面を考えると、やはり一定の配慮はしていただいたほうがよいといえるでしょう。

 

特に、サッカーのような激しい運動の後は、すみやかに失われた水分・エネルギー・ビタミンなどを補給することが大切です。栄養補給が遅れれば、疲労回復も遅くなり、食欲の低下、さらには翌日に疲労を残してしまいます。それらを避けるためにも、オススメしたい差し入れは、以下のようなものになります。

 

(1)バナナ
栄養満点の食材です。

(2)100%オレンジジュース、もしくは、野菜ジュース
水分とビタミンがとれるので、スポーツ後の疲労回復によいでしょう。

(3)カステラ
ケーキより消化が良く、食べやすいので子どもに人気です。

(4)あんぱん、もしくは、ジャムパン
1つずつ袋に入っていて配布しやすいです。

 

 

Category: 食事・栄養

 

ジュニア向けのものも販売されていますが、ジュニア年代ではサプリメントに頼らない食習慣をつけることが大切です。

なぜなら、幼少期・ジュニア期の味覚体験が、その後の食生活に大きく影響するからです。

ただし、合宿や遠征などによって、いつものような食事ができない場合は、補助的に利用するのはよいでしょう。

 

Category: 食事・栄養

 

保護者の皆さんが、応援のためのウェアやグッズをご希望の場合、必要に応じて制作可能です。事前に必ず当クラブの担当者にご相談ください。

 

Category: 応援の仕方