ALL or NOTHING

ファルカオFC久喜U-13は、3月29日(金)に久喜市民グラウンドにてトレーニングマッチを行いました。

 

■対戦相手■

さいたまオーステンSC

トリコロールSC

 

新1年生も合流しての、トレーニングマッチでした。

 

まずは、各ポジションにおいてのタスクをしっかりとこなすことです。

 

できないことを、1つでもできるように。

 

しかし、できることをやらない、というのは話が変わってきますよ。

 

日常から、基準を上げなければなりません。

 

決して、「楽しさ」を履き違えてはいけません。

 

サッカーができる環境に感謝し、親や仲間、相手をリスペクトする心を育みます。

 

その気持ちがあれば、プレーも変わってくるはずです。

 

こちらは、変わるまで問い続けます。

 

そうなれば、成長スピードは格段に上がるからです。

 

対戦していただいたチームの皆様、ありがとうございました。

 

 

続きを読む

フィナーレカップ参加!!

ファルカオFC久喜U-12は、3月21日(木祝)にFC KAZOさん主催のフィナーレカップに参加させていただきました。

 

6年生6名にとっては、小学校生活最後の大会でした。

 

だというのに、キャプテンが欠場。

 

残念ではありましたが、それ以上に残念だったのは、選手たちの闘う姿勢。

 

闘う姿勢というのは、なにも球際でバチバチ闘うということだけではありません。

 

ボールを受ける前に、マーカーを外しているか、駆け引きの部分での闘い。

 

ボールを受けたときに、選択肢を相手に見せているか、オンの部分での闘い。

 

ミスが続いてしまう、他の選手がやってくれるだろう、という自分の心との闘い。

 

そしてチームとして、目の前の勝負にどれだけ拘ることができたのか。

 

総合して、闘う姿勢が見られませんでした。

 

大会を主催していただいたFC  KAZOさん、対戦していただいたチームの皆様、ありがとうございました。

 

599AF656-614E-4C08-9CF3-272DF0F5BFE2

 

続きを読む

サッカー好きなら。

ファルカオFC久喜U-11は、3月16日(土)に久喜市民グラウンドにてトレーニングマッチを行いました。

 

◼︎対戦相手◼︎

あけぼのFC

スプリズ

ペラーダ

 

ファーストラインを突破するところで、ミスが起きてそのまま失点してしまう場面がいくつもありました。

 

目線を変える!

 

まずは中を崩しにかかる!

 

ギリギリまで判断を変えられるように。

 

ボールを扱うことにストレスを感じてしまうようでは、顔は上がりません。

 

ましてや、相手の逆など取れません。

 

サッカーにもっと真剣に向き合ってもらえるように。

 

できないこと、うまくいかないことに対して。

 

それでも、たくさん良い場面が見られました!

 

ほとんどの選手の意識が、今日1日で変わったと思います。

 

対戦していただいたチームの皆様、ありがとうございました。

 

B021F0B5-6C55-4681-A801-7D8EEC39985B

 

続きを読む

ほくとっ子ゆうゆうプラザ、閉校式!

2月4日(月)に久喜北小学校にて行われた、久喜市放課後子ども教室「ほくとっ子ゆうゆうプラザ」の閉校式に参加してきました。

 

今年度から、当クラブの指導員が月1〜2回、サッカー講座を担当させていただいております。

 

毎回30人を超える生徒が参加してくれます。

 

「ほくとっ子ゆうゆうプラザ」には、サッカーだけでなく、全17種類の講座があり、子どもたちにとって非常に充実した内容となっております。

 

閉校式の最後には、タヒチアンダンス講座とお笑い講座の発表会が行われ、思わず笑顔になる場面もありました。

 

また来年度も、サッカーを楽しむ時間を子どもたちと共有したいと思います。

 

 

754E951E-CE74-44F1-9E3B-CBFEB4BF82B5

 

続きを読む

泥臭くいこうぜ!

ファルカオFC久喜U-11は、12月22日(土)にトレーニングマッチを行いました。

 

■対戦相手■

鴻巣ジュニア

 

素晴らしいグラウンドで試合をさせていただきました。

 

攻撃でも、守備においても、いかに情報を入れるかが大切だと伝え、本日のトレーニングを行いました。

 

できないのではなく、やらないだけ。

 

うまくいかなかったではなく、意識が足りないだけ。

 

そして、サッカーの目的を忘れてはなりません。

 

後ろからボールを動かして、良いポジションを取りながら、相手の食い付きを感じながらグループでボールを運んでいく。

 

と見せかけて、一気にギアを上げてドリブルで突破していく。

 

状況に応じて、武器を使い分けること。

 

フィニッシュの部分で、綺麗に崩すことに意識が強すぎて、決めきれない場面も。

 

相手も必死になって阻止してくるのだから。

 

時には強引に打ったシュートが、相手ディフェンスに当たって入ることもあって、意外とそんな得点が決勝点になったりするのがサッカー。

 

またトレーニングで、フィニッシュの部分を詰めてやりますが、そこまでの過程は良くなりました。

 

少しずつ、成長していこう!

 

鴻巣ジュニアさん、本日は試合をしていただきありがとうございました。

 

BFB0CAEA-F613-4517-B035-EA65F9E69870

 

続きを読む